この子を産むか、それとも産まないか

私はコミュニティ人になったばっかり、2周年を迎えたところで妊娠が分かりました。一安心よりも先にその事柄への周りからの評価が意識をよぎってしまい「手っ取り早い」「導入したばかりなのに」こうした文字、つづいてまったく独り身でしたので、旦那になる人とブライダルをするには市を離れる=仕事をやめなければなりませんという現況を突きつけられ、生真面目今となっては最低な事を考えていたって想いますが、おろす事柄しか頭に無く深夜ずーっとスマホでおろすためのペチャクチャをリサーチしている自分がいました。そのころは、恋人にも内緒で…という考えていた私。8人で完全抱えようとしていました。
しかし、大ライクな恋人との間に出来た子。数日先々、何てつげられるかな…そんな不安を保ち喚きながら恋人に話すと、「ほんと?」って大喜びの恋人。「私もがんばるから、産もう」その一言で自分も、頑張ろうと思えました。
そっちから父兄に明かし、店に話し出し…という様々な難解(私の中で話すと戦場になる、、とおもっていたので難解というワードを使わせていただきました)を乗り越えて、既にっとお腹のキッズを含めた5人での活動が沈静開始しました。ただただし、元気なベビーが生まれてきてほしい。狙うのはそれほどだ。ホントにうけ入れてくれた恋人、所帯、店に謝意の近年だ。http://www.dargasonmusic.com/

何度もかかって子供は強くなる!

今日一心にきくようになったRSウイルス。
医学的めんどうなことを省いて簡単に言ってしまえば娘が大病化しやすい流感といった感じ。
7歳までにはそれほど全ての娘がかかるとされているが、これを証明するがごとく我が家の8人の子供達は全て8歳までに罹り、
続いて全て入院、ともかく息づかい箱系の疾病が重くでた。8人の内7ヤツは肺炎を発症。4人だけは肺炎までは至らなかったものの、
取り敢えず息づかいが浅くなり体内の酸素濃度が落ちたため入院となった。
入院後はことさらに問題もなく順調に回復し、それぞれ3日〜3日程度の入院で条件が落ち着き退院となった。
常日ところので娘を調べていればとにかくいつカタチ流感はわずか異質な感じです。
見た目が重い。何となく治らない。胸や乳をうけ付けない。鼻が貯まりすぎて呼吸があまり出来ていない。だんだんと息づかいがおかしくなってきて要るような気がする。
こうした時はひとたび受診していてももっと受診することをお奨め行う。
なんだか免疫がつきにくく何度も掛かるがでもその度に娘は強くなる。少ないうちは女房の不安もでかいだが、確実に皆さん強くなって出向くので、
女房もできるだけともに強くなってくださいね!スパーキー佐藤の効果をリサーチしてみた

孤独と一人を変えて、節度を守って接していく

今日、不眠症の父が珍しくよく寝ていたようです。
起きて、気分よさげな声を出していました。
良かったと思いました。

老後について、焦っていた時もありましたけれど、子供として、親の面倒を見ると考えるとき、それがどんな姿であっても、責任をもって見てあげる事は、親孝行につながると思いました。
よく、母親が話していました。他人は見て見ぬふりって、本当にそうだなと思います。
でも、それでも人の中に入っていって、それなりに常識と節度を交えて接していく事も大事だとは思います。趣旨が違うのでしょうかね。
前お話しした人は一人という事と変わらないのかもしれません。

自分が一人で生きて一人で決めるのは当たり前なのですが、それに誰かがいないと、やっぱり孤独だけでは何もできないのです。
だから、他人と仲良くしようというのに、僕の40近い年齢というのは、ちょうどよい年齢だと思っています。
人の大体、こういうタイプは接しやすい、こういうタイプはダメであるとか、よくわかってきますものね。

だから、人付き合いも、苦痛ではないです。若い時は分かりませんでしたけどね。湘南美容外科の口コミまとめ

地方の賃貸経営を考えると失敗はないと思います

大家さんにしても、多分、誰でもそうだろうなと思うような事を書いていますが、たとえば、何かの理由で、地方に住まなくてはならない人だとか、海外の人も、やっぱり東京だけではなくて、そこに長期滞在の必要があったり、要は地方で安い物件であっても、貸す値段を下げて、そこに需要があれば、確実に借りるだろうなと思っています。

自分は、借りるという発想が、今のところ、抜けています。これくらいまでに、これくらいの技術は覚えておきたいとは思ってはいますけれど、焦っているわけでもないです。

自分が思う事は、奥多摩の空き家だって、メリットがあるので、これを活かすと、それなりに生活空間としては、失敗しないだろうなと思う事ですね。
後、老後破産というように、生活が出来なくなってくる人だとか、結局、安ければ借りられればという人は、絶対にいるだろうと思っています。
大体そういう人って、買うという発想に至っていないと思っています。八割そうでしょう。

と考えると、地方の賃貸も成功すると思います。ジッテプラスの詳しい情報

やっと利用者部屋使用できるうわーい

やったー、利用者部屋使用できるというわけで、意欲がわいてきた自分でした。
さすがに、四畳半にずっといるのは、精神衛生にもよくない話なのでした。

所で、親が釜飯の素を買ってこいというので、この雨の中を買いにいくわけですが、何日も部屋にこもっていると、脳がやられますね。
昔から雨が降ると、雨が降っているから外出しなくていいよと言われてきており、人のせいにしているようですが、小さな頃は、そんな事を気にもしていなったのに、家にいたという事もあって、今外出すると気分爽快です。

ちなみに40近くなると、雨だろうが、雪だろうが、逆に行ってきてと言われるようになりました。
大人になったのでしょうか。

さて、群馬県の沼田市で土砂災害ですね。
これって、真田丸の真田なんとか、まさゆきの実家がある所ではありませんでしたっけ。
見てみると、昔の古風な、古民家が多いですね。こういう様式美って日本古来だよなあと思いながら、これも倒れてしまうものなのだなと、栄枯盛衰とでもいうかのように見ておりました。ミラドライのサイトはこちら